カルーナ・ブルガリス。

氷点下の毎日。
庭はすっかり色味を失って、庭を覆う真っ白の雪と、所々見える芝の緑と、落ち切らない茶色い葉。
夏の間は気にならなかったけれど、木の枝はコケでぼやけた緑色です。

そんな中、寒さにも負けないお花もあります。

a0256034_22132513.jpg

カルーナ・ブルガリス。

名前が分からなくて、パソコンでいろいろ検索したら、たぶんこの名前。
もし間違っていたら是非ご一報下さ〜い。


冬の初め頃、お花屋さんやスーパーの店先でよく売られていました。
ネットで見ると他にも色があるようですが、北ドイツのお花屋さん的にメジャーなのは、この色(濃いピンク)と薄いピンクと白の3色です。

オススメポイントは、寒い中わざわざ外に出て行ってお水をあげなくても、全然へこたれないってとこ。
多少吹き込む雨や雪程度の水分で元気でいてくれます。
購入後2ヶ月近く経ちますが、水をあげたのは最初の数回だけです。
日本だと … 分からないですけどね。
ズボラな北ドイツ在住者( ← わたし)に最適です。








..... Ads by Excite .....
[PR]

by dieElfen | 2013-01-19 06:35 | Natur   …  自然  

<< Porzellan-Manuf... ベーグル。 >>